暫定の意味

今の放射線は本当に危険レベルか、ズバリ解説しよう

東京電力福島第一原発での事故の影響で放射線被害の波紋が広がっている。
 菅直人首相は3月23日、福島産のほうれん草や小松菜、茨城産のパセリや原乳など一部の農作物について摂取や出荷制限を自治体トップに指示。東京都も同日、金町浄水場(東京・葛飾)で水道水1リットル当たり、210ベクレルの放射性ヨウ素を検出し、乳児向けの安全性を示す暫定規制値を上回ったとして、1歳未満の乳児に飲ませることを控えるよう求めた。

日経ビジネスオンラインより引用(ニュースの続きはこちら)

<暫定の読み方>

これは、「ざんてい」と読みます。

<暫定の意味>

これは、「明確に決まるまでの間、仮に定める」という意味になります。
単なる仮ではなく、再度決めることがある場合に、暫定という言葉を使います。
仮決定といったところでしょうか。

今回の暫定規制値というのは、
ハッキリとした基準が決まっていないけど、
とりあえず問題がない数値として決めた値ということになります。

しかし、これは明確になることがない気がしますので、ずっと暫定のような。。

以上、暫定の意味でした。

 

Tags: ,